Commit 92e78167 authored by Jiro Matsuzawa's avatar Jiro Matsuzawa
Browse files

Updated Japanese translation

parent 5f9bdd84
......@@ -5,9 +5,9 @@
msgid ""
msgstr ""
"Project-Id-Version: glade3 gnome-2-28\n"
"POT-Creation-Date: 2010-07-25 00:55+0900\n"
"PO-Revision-Date: 2010-06-19 12:39+0900\n"
"Last-Translator: Hiroyuki Sekihara <hiroyuki.sekihara@gmail.com>\n"
"POT-Creation-Date: 2011-12-23 11:22+0000\n"
"PO-Revision-Date: 2012-01-05 01:47+0900\n"
"Last-Translator: Jiro Matsuzawa <jmatsuzawa@src.gnome.org>\n"
"Language-Team: Japanese <gnome-translation@gnome.gr.jp>\n"
"MIME-Version: 1.0\n"
"Content-Type: text/plain; charset=UTF-8\n"
......@@ -121,12 +121,13 @@ msgstr ""
#: C/glade.xml:17(title)
msgid "Glade Interface Designer Manual"
msgstr "Glade インタフェース・デザイナ マニュアル"
msgstr "Glade インタフェース・デザイナ マニュアル"
#: C/glade.xml:19(para)
msgid "Glade is a user interface designer for GTK+ applications."
msgstr ""
"Glade はGTK+ アプリケーションのためのユーザ・インターフェース・デザイナです。"
"Glade はGTK+ アプリケーションのためのユーザー・インターフェース・デザイナーで"
"す。"
#: C/glade.xml:24(year)
msgid "2006"
......@@ -217,7 +218,7 @@ msgstr "Sun GNOME Documentation Team"
#: C/glade.xml:100(revnumber)
msgid "Glade User Manual 2.0"
msgstr "Glade ユーザ マニュアル 2.0"
msgstr "Glade ユーザ マニュアル 2.0"
#: C/glade.xml:101(date)
msgid "25 February 2004"
......@@ -225,7 +226,7 @@ msgstr "25 February 2004"
#: C/glade.xml:108(revnumber)
msgid "Glade User Manual 1.2"
msgstr "Glade ユーザ マニュアル 1.2"
msgstr "Glade ユーザ マニュアル 1.2"
#: C/glade.xml:109(date)
msgid "10 Feb 2004"
......@@ -233,7 +234,7 @@ msgstr "10 Feb 2004"
#: C/glade.xml:116(revnumber)
msgid "Glade User Manual 1.1"
msgstr "Glade ユーザ マニュアル 1.1"
msgstr "Glade ユーザ マニュアル 1.1"
#: C/glade.xml:117(date)
msgid "30 Mar 2002"
......@@ -241,7 +242,7 @@ msgstr "30 Mar 2002"
#: C/glade.xml:124(revnumber)
msgid "Glade User Manual 1.0"
msgstr "Glade ユーザ マニュアル 1.0"
msgstr "Glade ユーザ マニュアル 1.0"
#: C/glade.xml:125(date)
msgid "11 May 2000"
......@@ -271,7 +272,7 @@ msgstr "glade"
#: C/glade.xml:145(primary)
msgid "user interface designer"
msgstr "ユーザ インタフェース デザイナ"
msgstr "ユーザ インタフェース デザイナ"
#: C/glade.xml:153(title)
msgid "Introduction"
......@@ -283,9 +284,9 @@ msgid ""
"create and edit user interface designs for <application>GTK+</application> "
"applications."
msgstr ""
"<application>Glade</application> インタフェース・デザイナは、 "
"<application>GTK+</application> アプリケーションのユーザ・インタフェースのデ"
"ザインを作成、編集することを可能にします。"
"<application>Glade</application> インタフェース・デザイナは、 "
"<application>GTK+</application> アプリケーションのユーザ・インタフェース"
"のデザインを作成、編集することを可能にします。"
#: C/glade.xml:158(para)
msgid ""
......@@ -296,12 +297,12 @@ msgid ""
"layout and properties of these widgets. You can also use Glade to add "
"connections between widgets and application source code."
msgstr ""
"GTK+ ライブラリは、ユーザ・インタフェースを構成するテキストボックス、ダイアロ"
"グ・ラベル、数値入力、チェックボックス、そしてメニューなどの部品からなる巨大"
"なコレクションです。これらの部品は <emphasis>ウィジェット</emphasis> と呼ばれ"
"ます。Gladeを使ってこれらのウィジェットをGUIに配置したり、レイアウトやプロパ"
"ティのの変更が可能になります。また、ウィジェットとアプリケーションのソー"
"コードの関連を追加することもGladeにより可能になります。"
"GTK+ ライブラリは、ユーザ・インタフェースを構成するテキストボックス、ダイ"
"アログ・ラベル、数値入力、チェックボックス、そしてメニューなどの部品からなる"
"巨大なコレクションです。これらの部品は <emphasis>ウィジェット</emphasis> と呼"
"ばれます。Gladeを使ってこれらのウィジェットをGUIに配置したり、レイアウトやプ"
"ロパティのの変更が可能になります。また、ウィジェットとアプリケーションのソー"
"コードの関連を追加することもGladeにより可能になります。"
#: C/glade.xml:164(para)
msgid ""
......@@ -309,9 +310,9 @@ msgid ""
"easy integration with external tools. You can use the <application>libglade</"
"application> library to dynamically create GUIs from the XML description."
msgstr ""
"Gladeでデザインされたユーザ・インタフェースはXML書式で格納されるため、外"
"ツールとの統合が容易です。このXMLから<application>libglade</application> ラ"
"ブラリを使用して動的にGUIを構成することも可能です。"
"Gladeでデザインされたユーザ・インタフェースはXML書式で格納されるため、外"
"ツールとの統合が容易です。このXMLから<application>libglade</application> ラ"
"ブラリを使用して動的にGUIを構成することも可能です。"
#: C/glade.xml:171(title)
msgid "Getting Started"
......@@ -335,8 +336,8 @@ msgid ""
"Choose <menuchoice><guisubmenu>Programming</guisubmenu><guimenuitem>Glade "
"Interface Designer</guimenuitem></menuchoice>."
msgstr ""
"<menuchoice><guisubmenu>プログラミング</guisubmenu><guimenuitem>Glade イン"
"フェース・デザイナ</guimenuitem></menuchoice> を選択する。"
"<menuchoice><guisubmenu>プログラミング</guisubmenu><guimenuitem>Glade イン"
"ターフェース・デザイナ</guimenuitem></menuchoice> を選択する。"
#: C/glade.xml:189(term)
msgid "Command line"
......@@ -413,7 +414,8 @@ msgstr "デザイン・エリア"
#: C/glade.xml:227(para)
msgid "The design area is where a user interface can be visually edited."
msgstr ""
"デザイン・エリアは、ユーザ・インタフェースを視覚的に編集できるエリアです。"
"デザイン・エリアは、ユーザー・インターフェースを視覚的に編集できるエリアで"
"す。"
#: C/glade.xml:230(term)
msgid "Palette"
......@@ -423,30 +425,30 @@ msgstr "パレット"
msgid ""
"The palette contains the widgets that can be used to build a user interface."
msgstr ""
"パレットには、ユーザ・インタフェスを構築するのに使用することがでるウィ"
"パレットには、ユーザ・インタフェスを構築するのに使用することがでるウィ"
"ジェットが含まれています。"
#: C/glade.xml:235(term)
msgid "Inspector"
msgstr "インスペクタ"
msgstr "インスペクタ"
#: C/glade.xml:237(para)
msgid "The inspector displays information about the widgets in a project."
msgstr ""
"インスペクタには、プロジェクトに含まれるウィジェットについての情報が表示さ"
"ます。"
"インスペクタには、プロジェクトに含まれるウィジェットについての情報が表示さ"
"ます。"
#: C/glade.xml:240(term)
msgid "Property Editor"
msgstr "プロパティ・エディタ"
msgstr "プロパティ・エディタ"
#: C/glade.xml:242(para)
msgid ""
"The property editor is used to manipulate the properties of widgets, as well "
"as adding connections to source code."
msgstr ""
"プロパティ・エディタはウィジェットのプロパティを操作するために使用されます。"
"同様に、ソースコードとの関連付けを追加するのにも使用されます。"
"プロパティ・エディタはウィジェットのプロパティを操作するために使用されま"
"す。同様に、ソースコードとの関連付けを追加するのにも使用されます。"
#: C/glade.xml:245(term)
msgid "Statusbar"
......@@ -552,10 +554,10 @@ msgid ""
"widgets."
msgstr ""
"選択モードを使用するには、<guilabel>選択</guilabel> 矢印をクリックします。こ"
"れによりマウスポインタが矢印に変化して、選択モードがアクティブになったこと"
"示されます。このモードではプロジェクトのウィジェットをマウスで選択すること"
"できます。選択した後で <guilabel>プロパティ</guilabel> ウィンドウでウィジェッ"
"トのプロパティを編集することができます。"
"れによりマウスポインタが矢印に変化して、選択モードがアクティブになったこと"
"示されます。このモードではプロジェクトのウィジェットをマウスで選択すること"
"できます。選択した後で <guilabel>プロパティ</guilabel> ウィンドウでウィ"
"ジェットのプロパティを編集することができます。"
#: C/glade.xml:306(para)
msgid ""
......@@ -592,9 +594,9 @@ msgid ""
msgstr ""
"ウィジェットの配置モードを使用するには、 <guilabel>パレット</guilabel> ウィン"
"ドウのウィジェットを選択します。ほとんどのウィジェットでは、選択した後にマウ"
"スポインタが十字(pointer-plus-cross)に変化します。この後にコンテナかトップレ"
"ベルのウィジェットなどに、ウィジェットを配置することができます。ウィジェット"
"を配置した後は、選択モードに復帰します。"
"スポインタが十字(pointer-plus-cross)に変化します。この後にコンテナかトッ"
"プレベルのウィジェットなどに、ウィジェットを配置することができます。ウィ"
"ジェットを配置した後は、選択モードに復帰します。"
#: C/glade.xml:335(term)
msgid "Top-level placement mode"
......@@ -625,9 +627,9 @@ msgid ""
"project window. You can choose the following widget containers from the "
"<guilabel>Palette</guilabel> window:"
msgstr ""
"プロジェクトのウィジェットをレイアウトしたり組織化するために、コンテナやボッ"
"クスのウィジェットを使用します。<guilabel>パレット</guilabel> ウィンドウから"
"以下のコンテナを選択することができます:"
"プロジェクトのウィジェットをレイアウトしたり組織化するために、コンテナや"
"ボックスのウィジェットを使用します。<guilabel>パレット</guilabel> ウィンドウ"
"から以下のコンテナを選択することができます:"
#: C/glade.xml:360(para)
msgid "Horizontal Box"
......@@ -788,9 +790,9 @@ msgid ""
"change a property of a widget, select the widget and then enter an "
"appropriate value in one of the Property window's property fields."
msgstr ""
"プロパティ・エディタは選択されたウィジェットのプロパティを編集するために使"
"します。ウィジェットのプロパティを変更するには、ウィジェットを選択してから、"
"プロパティ・ウィンドウのプロパティ・フィールドに適切な値を入力します。"
"プロパティ・エディタは選択されたウィジェットのプロパティを編集するために使"
"します。ウィジェットのプロパティを変更するには、ウィジェットを選択してか"
"ら、プロパティ・ウィンドウのプロパティ・フィールドに適切な値を入力します。"
#: C/glade.xml:454(title)
msgid "About Glade"
......
Supports Markdown
0% or .
You are about to add 0 people to the discussion. Proceed with caution.
Finish editing this message first!
Please register or to comment